守護天使と仲良くなる方法 14

  26, 2015 19:47
天使のメッセージは

未来に役立つ情報が届くことが

とても多かったりします。

そのために

過去の出来事の説明に感じて

責められているように感じても

三日後や

一週間後に


『今のために届いていたのか!』


と思うときがあったりします。

チャネリングメッセージは

同じ言葉でも

時間が経つことによって

全く違う意味に感じることが多々あります。

だからこそ

ノートや手帳に残して

翌日や

三日後

一週間後などに

もう一度見直すこともおすすめします。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



私は自分のためにチャネリングメッセージを受け取る時に

よく筆談を用います。

そして受け取ったその時に

自分が感じた事、

考えた事と

数日後に読み直して

感じた事、考えたことを含めて

メッセージだと思っていますし

その数日間の間に

補填されている情報がたくさんあるんです。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



『言葉』とは

『言葉』にした時点で

多くの情報が省略されてしまいます。


例えば

「ドーナツを食べました」

と相手の人が話した際に



 いつ? どこで? だれと? どのようなドーナツを? ほかには何を食べたの? どんな味がしたの? 



などの情報が省略されています。

そして多かれ少なかれ

自分の経験や価値観や好みなどによって

自分が受け取った情報は

相手が伝えようとしている情報と違うものになっています。

例えば、相手の人は

あるパン屋さんの

フワフワしたクリームの詰まったドーナツを食べたかもしれませんが

自分の好きな

ミスタードーナツのチョコファッションを

思い浮かべているときもあったりなかったりするみたいに。



 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 



天使のメッセージとは

重要な優先順位の高いメッセージから先に届いていきます。

それは天使が

メッセージを省略して伝えているのかというと

そういうわけではなく

順次、補填されながら

必要なそのとき、その瞬間には

必要な情報が整っています。



守護天使とコミュニケーションをとるときには

パーツのひとつひとつに対して

「意味がわからない」「理解できない」

と思わずに

順次他の情報も届いて

補填されていくんだな!

と思って



 わかりました。うけとります!



とひとつ、ひとつを受容していただけたら嬉しいです。




 ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 




天使のメッセージは

象徴的なものだけでなく



 いつ? どこで? だれと? どのように? なにをするの? 



という情報もちゃんと届きます。

それでも『脳』は

意識を向けていないことの情報を

キャッチすることが苦手だし

わたしたちは

いろんなことを自分の経験によって

これは○○という意味に違いない。

と思い込んだりします。


天使のメッセージに他意はありません。

だから届いたメッセージを

届いたメッセージのまま

受け取ってほしいのです。



※守護天使と仲良くなる方法 14





守護天使と仲良くなる方法 INDEX

   ブラック

ANGEL★BLESSINGS

セッションのお申込み・質問・お問い合わせはこちらから
Tel 090-4882-3285  Email info@angel-blessings.jp
関連記事

Comment 0

What's new?